関東甲信越古バスの思ひ出 part2

ひとまず引越し完了

神出鬼没、万能選手、オールマイティ、会いに行ける古バス、グリーンベルトMP最後の砦etc
富士急グループで1.2を競える、味わい深き名優でした。

私は幕マニアではないのですが、なんやかんやで色んな行き先が撮れています。
どんどん並べます。


_DSC0613

旧吉原中央駅にて富03弥生線

_DSC0643
中央11大渕団地曽比奈循環



_DSC0710
しばし休憩へ
ライカⅢじゃなくて富士営業所へ入庫

_DSC0733
中央26富士見台団地へ向けて出庫

_DSC0742
いまも変わらず狭い吉原中央駅への導入路

_DSC0777
富84、富士駅にて
雨の日は好きです。

IMG_7379
バスは撮るものじゃなく乗るものだ。



_DSC0892
寝ていることもあるけど、この幕が。
中央45 片宿ザ.コンボ富士厚原店 つまり鷹岡の入庫便 
今はマックスバリューになっています。

DSCF4913
宮78中野経由・富士宮駅〜吉原中央駅。脳研病院にて

DSCF4920




DSC_0680
2015年の総合火力演習海苔川Pシャトル

DSC_0389

DSCF3817
前段演習日の高塚シャトル輸送を終えて国道469方面へ

DSC_0349
2016-17年も参戦 
御殿場なら地元民モード全開で。




DSC_0445
富士急シティバスの車庫で遭遇。スクールの待機?なんだろう。



_DSC0326
吉92 吉原駅にて
この日の乗務員さん「俺もこのクルマ好きなんだよ」と。

_DSC0336




_DSC0354
定番、宮72大月線

_DSC0384
なんせカメラの性能が悪い(古い)から夜になると駄目




_DSC0213
朝一番で。
_DSC0224
駅舎解体期間中もバスは出入りします。このあと快速富士駅行きに。


_DSC0055

_DSC0227




_DSC0285
おおお、田91、終点直前に先回り。

_DSC0287
電線が邪魔くさい東田子の浦駅

_DSC0304
帰路は沼04旧道表示なんだ。

_DSC0235
よく見えないけど富01です




DSC_1845
富士急静岡バスのイベントでカリスマ同士が並ぶ。
たとえ演出でも、これは心臓バクバクもんですよ。2017年。

DSC_0023
イベントのミステリーツアーに抜擢。
この日は乗りたかったけどF1453を追ってしまった。
    


DSC_0092
これは本当に驚き。まさかまさかの「ゆうえんちぐりんぱ」
十里木でW5560を見るとは……。

DSC_0122
十里木別荘管理事務所近辺の上り坂で定番ショット
いつもと違うのは、それがW5560であること。

DSC_0161
夕方のぐりんぱおかえり便も撮ってしまいました。

DSC_0180
サファリパークの取り付け道路から国道469へ。

DSC_0222
下界までついて行ってしまう。ちょっとやりすぎでした。

DSC_0245
全力で歩道橋を駆け上がる体力も出ちゃう。



DSC_0207
この日は急行富士桜自然公園墓地に登板。
ちょうどお客さんが待っているので、このバス停で撮ろうとしたら、なんと急行通過の罠!

DSC_0217
慌てて富士宮駅まで追うけど間に合わず

DSC_0239
仕方ないので終点で待つ


DSC_0260
このまま5時間ほど待機だそうで一旦離脱です。



IMG_7383
曽比奈まで乗車、帰りも乗車。

IMG_7388
ベテラン乗務員さん「担当じゃないけど担当みたいなものさ……」
愛されているW5560。




DSC_1422

DSC_1444
大石寺から西富士道路をぶっ飛ばして来た特急5560
いかにも富士市っぽい風景でまもなく終点

DSC_1461
新富士駅に到着、え?休日にスクール?と思ったら回送になった。

DSC_1472
ヒュィーン、グアーン 



DSC_0123
また大石寺。土日はここで待っていると結構当たりました。

____________________________


2018年の芝桜ライナーの写真が行方不明だ。発掘できたら追加アップします。
《・・・4/13画像発掘&追加アップ》

IMG_2805 のコピー
ということで追記します。2018年と書きましたが2019年の間違いでした。
去年のゴールデンウィーク、芝桜会場から降りてきたW5560を富士宮市街で見つけましたが、
慌ててUターンしても追いつかない。
なんとか捕捉できたのは、終点新富士駅に到着して、回送表示に変わる瞬間でした。


IMG_2808 のコピー
芝桜ライナーはこんな風に「新富士駅 行き」の札を掲げ、幕は「富士急静岡バス」表示で走るようでした。

IMG_2812 のコピー
鷹岡の車庫へ戻る場面。また来年の芝桜で撮るぞ!と思ったのに叶いませんでした。
それ以前に武漢ウイルスのため、芝桜まつり自体が…


地の利を生かし、さんざん撮って、まあまあ乗ったと思います。
でも、もう少し走って欲しかったな。

こういう番組を望んでいたのです。地元局すごい。




運転士が指令室業務も兼ねることは初めて知りました。
現場を知る仲間がコントロールする……理にかなっています。
貴重なシーンもたくさん。
 

超ひさしぶりの当ブログ、今回のお題はこれです。


【大町市公式サイトから】




【READYFORの当該ページ】


 


昨晩、バス趣味の先輩からこの情報をいただき(信濃毎日新聞に掲載されていたそう)
朝っぱらからスルガ銀行までアトラスをぶっ飛ばして来た次第。


IMG_5677
アトラスさんが新車だった頃、関電トンネルトロリーバスは100形200形の時代で、
北アルプス交通ではB800Mが全廃となってもB905NやB907Sがズドドドドと地響き立てて大町〜扇沢を往復していました。

________________________________


トロリーバスの銘板に寄付者名を刻んでくれたり、里帰り出発式に参加できることもあって、今回は相応のコースを選択。
クラウドファンディング会社(READYFOR)の定番作戦にまんまと乗ったカッコウですが、まずは目標金額達成が第一なのでイイのです。

別の協力方法として、プロジェクト成立を見届けて実際の保存が始まってから、おそらく募られるであろう「ふるさと納税」も良いと思います。
その方法だと寄付金額の100%が大町市に直接届いて活用されるわけで、慌てず様子を見守るのも手かもしれません。

このファンディングにも「ふるさと納税コース」があるのですが、私はすでに長野県内の他自治体に納税済み。
控除など諸々の関係上、納税枠外の「誰でも支援できるコース」に申し込みました。


______________________________________


ここからは昔写真。
いずれも信州古バス見聞録やキュリアス誌の脱線記事で掲載したものですが、それはそれということで。

IMG_0003
平成元年8月の初訪問、当時中学3年生でした。


IMG_0029
黒部ダム駅、非常にごった返していた記憶が。


IMG
グリルがなくても味わい深いお尻です。


IMG_0031
ダムも見ましたが、なんせ高くて怖いのと、観光名所にはあまり興味なかったみたいです。


IMG_0012
信濃大町駅にて続行便つきで待機中の北アルプス交通。
先発が昭和50年式B905N、後続は昭和48年式の同型式車。
超高出力のB907Sもいましたし、MSも路線転用され始めていました。


IMG_0020
車庫に延々と歩いて行って撮影させてもらったB800Mの廃車体。
本当はこれに乗りたかった。
背後のジープは中期のJ36で、おそらく現在30系クラブのメンバーが所有している個体。


IMG_0028
川中島バス、昭和49年式RC320のターボ車。
よくRC320Tと書かれたサイトがありますが、銘板にTの字は入っていなかった気がします。
便宜的呼称ですね。


IMG_0013
通常のRE/RCに対して、RCのターボ車(DK20T)は後面の左にもグリルが大口を開ける。
この角度から見るとナンバーの上あたりにタービンがあって、そこへの通風のためでしょう。

北アルプス交通vs川中島バスvs松本電鉄でシノギを削っていた時代は、
座席定員の多さが肝要で、長尺ボディに補助席2列の仕様が定番でした。
松電も前ドアのBU20Kを専用車にしていたそうですが、その車両には会えなかったなぁ。

今は運賃がプール制となって、昔とはだいぶ異なるようです。 

_______________________________


さて肝心の寄付金、現時点でも達成が見えてきそうなペースですが、私の拙い保存経験(ご存知の方はお察し下さい)からしても、上屋の設置は重要事項と思います。
動かさない車両では、屋根があるのとないのとで劣化速度はもとより、維持管理の手間・費用がまるで違ってくるのです。 

ということで、目標金額よりもさらに上乗せした寄付が集まると良いなぁ。 


DSC_4185

関係者の皆さん、有志の皆さん、富士山麓から応援しております!

↑このページのトップヘ